SAMPLE SITE

脚本執筆・公演記録

結婚披露宴余興「S家のある休日の様子」

新郎新婦の日頃の様子やゲストの方々との思い出を作中に散りばめた、結婚披露宴の余興用オリジナル作品を制作しました。新郎新婦、ゲスト8名の総勢10名で公演。スクリーンも朗読に合わせ上映し、朗読と映像を織り交ぜた作品となりました。

《2018年10月7日S家様K家様結婚披露宴にて公演》

-演出 佐藤俊介

-映像 佐藤奈那子

山形県「中山町のある朝の様子~明治21年4月2日~」

今から約130年前明治21年の山形県東村山郡。その年の4月2日、実際に開催された起工式が行われる日の朝が舞台になっています。村人を悩ませていた干魃(かんばつ)問題を解決させた実在の人物、柏倉文四郎を題材にし、その周辺の人々の様子を描いた朗読劇です。作者の生まれ育った地元に密かに伝わりつつも時代とともに忘れかけられていた歴史を、自らの足で調べあげて執筆し、主人公に関係のある県指定文化財「柏倉九左衛門家住宅」の座敷で公演しました。

《2018年3月18日山形県中山町柏倉九左衛門家おひなまつり2018にて公演》

-全2回公演 来場者のべ約160名

-演出 佐藤俊介

-出演 佐藤俊介 劇団楽天夢座より3名

-総合協力 劇団楽天夢座

《2017年3月26日山形県中山町柏倉九左衛門家おひなまつり2017にて初演》

-全2回公演 来場者のべ約200名

-演出 佐藤俊介

-出演 佐藤俊介 劇団楽天夢座より3名

-総合協力 劇団楽天夢座

千葉県「コレラ」

千葉県小湊村(現在の鴨川市小湊)出身の、伝染病コレラと戦った医師を主人公にした作品です。明治初頭を舞台にした、事実を元にしたフィクションの朗読台本。

《2017年7月30日コヅカアートフェスティバル2017にて初演》

-演出 佐藤俊介

-出演 佐藤俊介 他1名